スポンサードリンク
婚活とは?

婚活とは、結婚意識を持った方々が合理的に将来の結婚相手を探すことができる、今の晩婚化時代を切り抜ける最善の方法であるといってもいいでしょう。そして、今現在婚活がテレビや雑誌などで取り上げられることによって、婚活の壁が低くなっています。

しかし、よく分からずにテレビのCMやインターネット、雑誌や新聞の広告を鵜呑みにしてしまうと、結婚情報サービス会社のカモになり、多額の金額を投入する羽目になってしまいます。少しでもこのブログが参考になればと思います。

確かに結婚相談所や結婚サービスを利用しなくても、自力で結婚相手を見つけることはできます。しかしこのご時世だからこそ、結婚相談所や結婚サービスを利用して幸せをつかむ方が手堅い方法であり、将来の自分を想像できるようになるのではないかと思います。

今の結婚相談所は昔のイメージとは違い、「結婚できない人」が行くところではなく、「結婚したいと願う人」が行くところになっています。仕事に追われ毎日が会社と自宅の往復で、出会いが全くない方の多くが結婚相談所や結婚情報サービスを利用しているという事実があります。

ほかにも「結婚はしたいが自分の条件は譲れない」と思う人も結婚相談所や結婚情報サービスを利用しています。そういう方は自分の条件を譲れないので、自然な出会いではなかなか自分の条件を満たす人に出会えないのでしょう。

「なんとなく結婚相談所や結婚情報サービスを利用するのは恥ずかしいから」「自然に出会いがあるのを待つ」という考えでは気がついたら、40代、50代になってしまいます。

下記の項目に当てはまる方は結婚相談所や結婚情報サービスを利用することをおすすめします。

明らかに出会いがない人
男性、女性どちらでもそうですが、仕事に追われ毎日が会社と自宅の往復の方は「魅力的な異性に出会い交際に発展する」といったことにはなかなかなりません。特にデスクワークの方で職場に結婚対象になる異性がいない場合は最悪です。

子供を産みたい女性
子供を産める年齢は限られています。いつかいい人に出会えると思っていても、なかなか出会えません。そのいつかが子供を産めなくなってからでは遅いです。

自分の条件は譲れない人
普通に生活をしていればそんな条件に合う方は現れないでしょう。結婚相談所にもそんな人はいっぱいいます。正直なところ結婚相談所や結婚情報サービスを利用しても自分の条件のハードルを下げることになるとは思います。

若い女性
婚活をしている女性の多くはアラサーやアラフォーあたりです。なので婚活では女性にとって若さとはすごい武器になります。特に美人である必要は全くありません。それでも若いというだけモテることが多いですから、いい条件の男性を見つけるのであれば、早めに結婚相談所や結婚情報サービスを利用するといいですね。

30代独身男の婚活

2011年08月22日

第11話 決め手となる写真撮影

プロフィール作成に必要な項目のうち、お相手に見てもらうための自分自身
のプロフィール写真は一番気を使っていただきたいところです。

時々顔の印象がわかりにくいプロフィール写真を目にすることがありますが、
できるだけ印象を良くするにはプロの写真家に撮影してもらった写真を掲載
していただきたいです。

私は結婚相談所からの紹介でプロフィール写真を専門のカメラマンに頼んで
撮影することになり、早速写真撮影の手配を行いました。

カメラマンが準備を済ませ「では、今から外で撮影を行いますね」と撮影が
始まりました。

「もっと笑ってください」とカメラマンは言います。

私は必死に笑顔を作りますが、うまく笑えません。

カメラマンが「顔が固いですよ。もっと笑ってください」と言います。

上半身、全身の撮影が終わって現像してみると、やはり慣れていないせいか
自分自身が気に入る良い写真がありませんでした。

しかし、妥当なところで2枚決め、プロフィールに掲載することにしました。

写真写りの良い方と悪い方がいますが、私自身は悪い方だと思います。

プロフィール写真はあくまでも、お相手に伝える手段の一つであり、雰囲気
を見るためのものです。

お相手の写真の見た目で決め付けてしまうのはやはり、婚活の定義に反する
ものだと感じています。

写真写りの悪いものより、良い写真を掲載した方がお見合いに発展する可能
性は高くなるので、やはり写真家や専門家のカメラマンなどに頼み、写真写
りの良いものをプロフィールに掲載する方がベターではないでしょうか。

時々プロフィールに掲載されている中であまりオススメできない写真もあり
ます。

例えば、集合写真で隣に誰かがいて顔ギリギリで切れている写真や動物と一
緒の写真、私服は良いもののあまりにもカジュアルすぎる写真など・・・

他にも多々ありますが、私が経験したなかで、プロフィールを閲覧していて
目に留まったのは、大体専門の写真家に撮ってもらった写真が多かったのは
事実です。

あくまでこれは、男性側の目線であり、ご本人は別にそれでいいと思ってい
るのであれば否定はしませんが、やはりお相手に見てもらうための写真なの
でスナップ写真や記念写真はできるだけ避けた方が良いでしょう。

せっかく興味を持ってプロフィールを見てもらったにのに、プロフィール写
真でお相手を逃してしまう可能性があるからです。

posted by 婚活男 at 18:25 | Comment(0) | 婚活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
おすすめリンク

恋愛・結婚情報サービス エンジェル
性格・価値観のあうパートナーを交際アドバイス付きでご紹介。結婚までの交際期間が平均5.3ヶ月というスピード婚を実現しています。オリコン顧客満足度調査「マッチングの信頼性」部門で第1位を獲得。

ライブドア運営の婚活サイト「youbride」
じっくりメールで相手の方とやり取りしながら知り合えるので、真剣に恋人・結婚相手探しをしている人に向いています。会員50万人から理想の相手を探せます。

真剣に結婚相手を探すならノッツェで探そう
「理想の結婚相手」の条件を入力するだけで、オンラインで交際申込みができる、お見合いシステムです。希望に合ったお相手を、まずは無料でご紹介。

あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック
首都圏在住の方向け。コンシェルジュと呼ばれる結婚のサポートをする教育を学んだスタッフがマンツーマンでサポートしてくれるので、お見合いまでたどり着く確率が他の結婚相談所と比べて高いのが魅力。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。