スポンサードリンク
婚活とは?

婚活とは、結婚意識を持った方々が合理的に将来の結婚相手を探すことができる、今の晩婚化時代を切り抜ける最善の方法であるといってもいいでしょう。そして、今現在婚活がテレビや雑誌などで取り上げられることによって、婚活の壁が低くなっています。

しかし、よく分からずにテレビのCMやインターネット、雑誌や新聞の広告を鵜呑みにしてしまうと、結婚情報サービス会社のカモになり、多額の金額を投入する羽目になってしまいます。少しでもこのブログが参考になればと思います。

確かに結婚相談所や結婚サービスを利用しなくても、自力で結婚相手を見つけることはできます。しかしこのご時世だからこそ、結婚相談所や結婚サービスを利用して幸せをつかむ方が手堅い方法であり、将来の自分を想像できるようになるのではないかと思います。

今の結婚相談所は昔のイメージとは違い、「結婚できない人」が行くところではなく、「結婚したいと願う人」が行くところになっています。仕事に追われ毎日が会社と自宅の往復で、出会いが全くない方の多くが結婚相談所や結婚情報サービスを利用しているという事実があります。

ほかにも「結婚はしたいが自分の条件は譲れない」と思う人も結婚相談所や結婚情報サービスを利用しています。そういう方は自分の条件を譲れないので、自然な出会いではなかなか自分の条件を満たす人に出会えないのでしょう。

「なんとなく結婚相談所や結婚情報サービスを利用するのは恥ずかしいから」「自然に出会いがあるのを待つ」という考えでは気がついたら、40代、50代になってしまいます。

下記の項目に当てはまる方は結婚相談所や結婚情報サービスを利用することをおすすめします。

明らかに出会いがない人
男性、女性どちらでもそうですが、仕事に追われ毎日が会社と自宅の往復の方は「魅力的な異性に出会い交際に発展する」といったことにはなかなかなりません。特にデスクワークの方で職場に結婚対象になる異性がいない場合は最悪です。

子供を産みたい女性
子供を産める年齢は限られています。いつかいい人に出会えると思っていても、なかなか出会えません。そのいつかが子供を産めなくなってからでは遅いです。

自分の条件は譲れない人
普通に生活をしていればそんな条件に合う方は現れないでしょう。結婚相談所にもそんな人はいっぱいいます。正直なところ結婚相談所や結婚情報サービスを利用しても自分の条件のハードルを下げることになるとは思います。

若い女性
婚活をしている女性の多くはアラサーやアラフォーあたりです。なので婚活では女性にとって若さとはすごい武器になります。特に美人である必要は全くありません。それでも若いというだけモテることが多いですから、いい条件の男性を見つけるのであれば、早めに結婚相談所や結婚情報サービスを利用するといいですね。

30代独身男の婚活

2012年02月06日

婚活+地域活性化 「街コン」全国でブームに

 商店街全体を会場にした大型の合コン、通称「街コン」が全国でブームになっている。横浜市での「濱コン」、福島市での「福コン」などで、昨年6月から現在まで全国約160カ所で開催。参加者は決められた時間内に協賛の複数の飲食店に自由に出入りし、同席した異性と交流する。数千人が参加する大規模な街コンもあり、婚活と地域振興の両面から注目を集めている。

 江ノ島電鉄の江ノ島駅(神奈川県藤沢市)から、湘南一の観光スポット「江の島」に続く片瀬すばな通り商店会。冬季のオフシーズンでもあり、大半の観光客は一直線に島に向かう。そんな商店会が4日午後、約550人の男女であふれた。飲食店16店舗が会場になった「湘南藤沢コン」の参加者だ。「こういうイベントでもなければ冬の江の島には来ません」と話す女性(24)=同県座間市=は「いい出会いがあればと期待してます」と飲食店に向かった。

 江の島が一望できるカレーダイニング「OPPA―LA」は、絶好のロケーションも手伝ってか、イベント開始直後から打ち解けた雰囲気。20代男性=さいたま市=は「気楽な感じで会話も弾みます」と同席の女性に飲み物を運ぶなど積極的。店主は「この時期にはなかなか席が埋まらないので、ありがたい」と忙しそうに料理を準備していた。

 街コンは04年8月に宇都宮市の飲食店街が「宮コン」として開催したのが始まりと言われている。参加費はイベントごとに異なるが、「湘南…」では男性6500円、女性4000円。参加者はリストバンドなどの目印を着けて、思い思いの店に出入りし、同席した異性との会話を楽しむ。各店舗での滞在時間は1時間までだが、時間内なら食べ物も飲み物も自由に注文可能。協賛飲食店は参加費から分配金をもらうシステムで売り上げ増につながる。店主からは「街と店を気に入ってもらい、リピーターになってもらえれば」と期待の声が上がっている。

 震災復興にも一役買っている街コン。昨年7月に福島市で行われた「福コン」には、県内外から約2000人が参加。今年1月に開催した第3回には約3000人が集まった。実行委員会事務局は「このイベントをきっかけに県内各地に足を延ばしてもらえれば経済効果が生まれる」と話している。事務局には「彼氏ができました」というメールも入ってきており、「福島の人は原発事故の風評被害で結婚や恋愛から遠ざかっていた部分がある。若い人から元気になってもらってうれしい」と喜んでいる。

 街コン情報を集めるポータルサイトを開設した「チェンバーメディア」では「SNSやツイッターで開催情報が広まって、若い人が参加している。SNSと同じような、自分の好きな店に出入りし嫌なら退出してもいいというスタイルが受け入れられているのではないか」とブームの背景を分析。「濱コン」事務局代表で「湘南…」をプロデュースした渡辺大輔さん(29)によると「女性は食事を楽しみにしている人もいるようですが、男性はかなり真剣に相手を探しに来ている」という。

 4日だけでも「湘南…」のほか、新潟市や兵庫県姫路市など全国約10カ所で開催。「街コン」は婚活の主流になりつつあるようだ。

 ≪進展率高い"親が代理"婚活≫街コンのほか現在、親による「代理婚活」も盛り上がりを見せている。

 結婚相談事業を展開する「パートナーエージェント」が先月、都内で開いた「親御様交流会」には、息子や娘の結婚を望む親が18組参加。席替えをしながら全員が顔合わせするシステムで、話が合えば子どもの身上書を交換。「性格がおとなしすぎて」「仕事、仕事でね」などの声があちらこちらで聞こえ真剣そのもの。40歳の息子の相手を探す父親(74)は「若い人は時間がないのでこういうところに来られない」と積極的に情報交換。"花嫁候補"について「まんざらでもない。帰って息子に相談する」と手応えを見せていた。

 子どもの結婚について親からの問い合わせが増えていることなどから企画。定員を超える問い合わせがあり、今後は定期開催していくという。

 同様のイベントを開催している他の業者は「お見合いに発展する率は8〜9割と高い。親同士が先に会うことで、家庭環境や経済環境などがよく分かり、安心できるというメリットがあるようです」と話している。

 ▼世代・トレンド評論家牛窪恵さん 街コンはツイッター、SNSと同じで周囲と「ゆる〜く」つながりながら行動したい20、30代の世代に広まっている。1人でガツガツ婚活するのではなく、友達同士楽しみながらできる部分が受け入れられているのではないか。また、地域という面で見れば、アラサーから下の世代は地元志向が強い。郊外のショッピングセンターが遊び場で、わざわざ都会に出る必要もない。地元開催も人気の一因だろう。
(スポニチ)

時代が変わりましたね。

ガツガツせずに、余裕を持って参加するくらいがいいと思います。

posted by 婚活男 at 21:06 | Comment(0) | 婚活ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめリンク

恋愛・結婚情報サービス エンジェル
性格・価値観のあうパートナーを交際アドバイス付きでご紹介。結婚までの交際期間が平均5.3ヶ月というスピード婚を実現しています。オリコン顧客満足度調査「マッチングの信頼性」部門で第1位を獲得。

ライブドア運営の婚活サイト「youbride」
じっくりメールで相手の方とやり取りしながら知り合えるので、真剣に恋人・結婚相手探しをしている人に向いています。会員50万人から理想の相手を探せます。

真剣に結婚相手を探すならノッツェで探そう
「理想の結婚相手」の条件を入力するだけで、オンラインで交際申込みができる、お見合いシステムです。希望に合ったお相手を、まずは無料でご紹介。

あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック
首都圏在住の方向け。コンシェルジュと呼ばれる結婚のサポートをする教育を学んだスタッフがマンツーマンでサポートしてくれるので、お見合いまでたどり着く確率が他の結婚相談所と比べて高いのが魅力。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。