スポンサードリンク
婚活とは?

婚活とは、結婚意識を持った方々が合理的に将来の結婚相手を探すことができる、今の晩婚化時代を切り抜ける最善の方法であるといってもいいでしょう。そして、今現在婚活がテレビや雑誌などで取り上げられることによって、婚活の壁が低くなっています。

しかし、よく分からずにテレビのCMやインターネット、雑誌や新聞の広告を鵜呑みにしてしまうと、結婚情報サービス会社のカモになり、多額の金額を投入する羽目になってしまいます。少しでもこのブログが参考になればと思います。

確かに結婚相談所や結婚サービスを利用しなくても、自力で結婚相手を見つけることはできます。しかしこのご時世だからこそ、結婚相談所や結婚サービスを利用して幸せをつかむ方が手堅い方法であり、将来の自分を想像できるようになるのではないかと思います。

今の結婚相談所は昔のイメージとは違い、「結婚できない人」が行くところではなく、「結婚したいと願う人」が行くところになっています。仕事に追われ毎日が会社と自宅の往復で、出会いが全くない方の多くが結婚相談所や結婚情報サービスを利用しているという事実があります。

ほかにも「結婚はしたいが自分の条件は譲れない」と思う人も結婚相談所や結婚情報サービスを利用しています。そういう方は自分の条件を譲れないので、自然な出会いではなかなか自分の条件を満たす人に出会えないのでしょう。

「なんとなく結婚相談所や結婚情報サービスを利用するのは恥ずかしいから」「自然に出会いがあるのを待つ」という考えでは気がついたら、40代、50代になってしまいます。

下記の項目に当てはまる方は結婚相談所や結婚情報サービスを利用することをおすすめします。

明らかに出会いがない人
男性、女性どちらでもそうですが、仕事に追われ毎日が会社と自宅の往復の方は「魅力的な異性に出会い交際に発展する」といったことにはなかなかなりません。特にデスクワークの方で職場に結婚対象になる異性がいない場合は最悪です。

子供を産みたい女性
子供を産める年齢は限られています。いつかいい人に出会えると思っていても、なかなか出会えません。そのいつかが子供を産めなくなってからでは遅いです。

自分の条件は譲れない人
普通に生活をしていればそんな条件に合う方は現れないでしょう。結婚相談所にもそんな人はいっぱいいます。正直なところ結婚相談所や結婚情報サービスを利用しても自分の条件のハードルを下げることになるとは思います。

若い女性
婚活をしている女性の多くはアラサーやアラフォーあたりです。なので婚活では女性にとって若さとはすごい武器になります。特に美人である必要は全くありません。それでも若いというだけモテることが多いですから、いい条件の男性を見つけるのであれば、早めに結婚相談所や結婚情報サービスを利用するといいですね。

30代独身男の婚活

2012年01月23日

こんな人ほんとにいるの? 婚活で一番モテぬ男 ポロシャツ・インで実家暮らし七三分け

 なぜ今、男も女も結婚できないのか。「婚活」の裏側をルポした『婚活したらすごかった』(新潮新書)の著者、石神賢介氏に結婚できない男女の実態を聞いた。(聞き手=ノンフィクション・ライター・神田憲行)

 −−婚活市場で「普通の男性が少ない」とはどういうことでしょうか。

 石神:婚活パーティ(男女20人ぐらいずつが前半の自己PRと後半のフリートークで相思相愛の相手を見つけるパーティ)にいくと、女性はみなさんはそれなりにオシャレな服装で、髪も整えてくるんです。中には「えっこんなところにこんな人が」と驚くような美しい人もいます。

  本にも書いた銀座ホステスさんとも婚活パーティで知り合いました。ところが、男性は鼻毛が伸びていたり、ダサイ人が多い。パーティに参加していた女性に聞くと、「私が会った中ではラクビー部出身の人がすごかった」って言ってました(笑)。

  お洒落しない無頼な自分を気取るみたいで、冬でも筋肉を誇示するためにポロシャツ着てたりとか。でも、当然浮いている。でもパーティに来るような人はまだマシだったりします。

 −−まだ「下」がいるんですか(笑)。

 石神:本当にモテない人はプライドが高い傾向があるので、婚活パーティみたいな「モテない人の集まり」みたいなところには来ないんです。モテない自分を再確認するのが怖いから。

  でも合コンに誘えば必ず来る。しかも、そこで自分の会社と上司の話ばかりだから、女性うけは良くない。偏差値の高い大学出て一部上場企業に勤めていてスペックは婚活市場でも人気があるはずなんですが、会話とか服装にあまりにも無頓着で、うまくいかない。

 −−特徴的なところがありますか。

 石神:ポロシャツやTシャツがスラックス・インとか。で七五三の子供みたいな七三分けの髪型とか(笑)。特別な理由もなく、実家で暮らしているとか。

  40を過ぎていまだに母親の手料理食べてパンツ洗ってもらっていると聞くと、女性側はマザコンとかいろんな想像をしてしまい、どうしてもプラスの評価は下しにくいようです。実家で親と暮らすには、それぞれ個人的な事情があるとは思うんですけれどね。

  また、デートでもチェーン店の激安居酒屋を選んだりとか、300円のコーヒー代も割り勘にしたりとか。私も自分だけの食事は吉野家や餃子の王将で十分ですが、女性を誘うときは、相手の好みとか、気取らず気づかいなく話せる雰囲気のお店を考えます。

  そういう気遣い、やっぱり必要だと思うんです。女性に気をつかわないことをよしとしていると、チャンスは激減します。そういう人は自己評価が高くて周囲からの評価とのとギャップがあるから、自分を変えようとも思わない。自分が変えられない人は婚活で厳しいのかなと思います。

 −−逆に婚活に向くタイプはありますか

 石神:どんどん自分から話しかけられる人。婚活パーティが「良いな」と思うのは、レベル高そうな女の人でも周囲の目を気にせず話しかけられるところです。会社とかだと話しかけづらいづらい高嶺の花でも、「婚活パーティに来ている」という点で立場は一緒です。

  またそういう高嶺の花でも、チャンスがあるのが婚活のいいところです。同じようなきれいな女性が会社にいても、なかなか声をかけるチャンスはありませんからね。そして、話すことよりも大切なのは、相手の話をきちんと聞く能力です。

  女性の話がたとえつまらなくても、とりあえずは辛抱強く聞いて、要所要所で自分の意見を言える人ならば、うまくいくんじゃないでしょうか。結局のところ、よほど容姿に恵まれていたり、お金を持っていたりしない限り、男性は女性に選んでいただく立場ですから。エッチをさせていただく立場ですから。

  でもねえ、言うはやすく行うはかたしで、なかなかうまくいかないものなんですよねえ(笑)。
(iza)

「本当にモテない人はプライドが高い傾向がある」
これは女性からすれば嫌でしょうね。そのプライドの高い人と残りの人生50年ほどいっしょにいなければなりませんから。

今の自分が、「高学歴」「高収入」なのに婚活がうまくいかない人は自分の内面にも目を向けるべきですね。もちろん服装や身だしなみに気をつけることは当たり前ですが。

【婚活ニュースの最新記事】
posted by 婚活男 at 10:19 | Comment(0) | 婚活ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめリンク

恋愛・結婚情報サービス エンジェル
性格・価値観のあうパートナーを交際アドバイス付きでご紹介。結婚までの交際期間が平均5.3ヶ月というスピード婚を実現しています。オリコン顧客満足度調査「マッチングの信頼性」部門で第1位を獲得。

ライブドア運営の婚活サイト「youbride」
じっくりメールで相手の方とやり取りしながら知り合えるので、真剣に恋人・結婚相手探しをしている人に向いています。会員50万人から理想の相手を探せます。

真剣に結婚相手を探すならノッツェで探そう
「理想の結婚相手」の条件を入力するだけで、オンラインで交際申込みができる、お見合いシステムです。希望に合ったお相手を、まずは無料でご紹介。

あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック
首都圏在住の方向け。コンシェルジュと呼ばれる結婚のサポートをする教育を学んだスタッフがマンツーマンでサポートしてくれるので、お見合いまでたどり着く確率が他の結婚相談所と比べて高いのが魅力。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。